Top > にきび跡になる前の治療 > クレーター状のにきび跡になる前に

クレーター状のにきび跡になる前に

クレーター状に陥没してしまったにきび跡は、治療が大変です。にきび跡は、顔の皮膚表面が凸凹になったり、茶色く色素沈着してしまったり様々ですが、クレーター状のにきび跡は、とりわけ面倒です。まず、クレーター状のにきび跡には、なるべくしないようにしましょう。

クレーター状のにきび跡は、にきびを自分でつぶしてしまったときにできやすいパターンです。

また、赤にきびができると炎症のため周囲の組織が破壊され、溶かされて、皮膚がくりぬいたように陥没してしまいます。つまり、自分でつぶさなくても、赤にきびができるだけで、クレーター状のにきび跡ができてしまいます

赤にきびをさらに自分でつぶすと、にきびにたまった酸化物質が外に出ないで組織内に広がってしまい、真皮までへこんで、クレーター状のにきび跡になってしまいます。

にきびで赤く炎症を起こしてしまったら、自分であれこれケアするよりも、皮膚科を受診して治療を行うほうが、クレーター状のにきび跡がひどくならなくてすみます。

にきびの状態であればいろいろな治療法がありますが、クレーター状のにきび跡になると、完全に平らに戻すのは大変難しいのです。

普段自宅で行うケアは、肌を清潔に保ち、乾燥から肌を守り、UVケアをしっかり行うことが大切です。

また、自分でいろいろ試してクレーター状のにきび跡にしてしまう前に、皮膚科などで専門家に相談することをお勧めします。皮膚科を受診する場合は、治療前にカウンセリングや相談をしっかりやってくれるところを選びましょう。

カテゴリー