Top > にきび跡と色素沈着 > にきび跡の色素沈着のケア

にきび跡の色素沈着のケア

にきび跡の色素沈着は深刻です。患部を紫外線から守るようにケアしましょう。

またにきび跡が色素沈着してしまったら、摩擦などの刺激、角質層の乾燥からお肌をケアすることも大事です。乾燥すると表皮のターンオーバーが早くなり、連動して色素細胞であるメラノサイトが活性化し、色素細胞が慢性的に活性化することとなって色素沈着が続きます。

皮膚の仕組みから考えると、患部の保護機能、つまり「必要があって色素を作り続けている」といえます。ですから色素沈着を緩和するには、刺激や乾燥からお肌を守るケアが大切です。

このような状態のにきび跡にレーザー治療などを行うと、治療がかえって刺激となります。にきびができやすかったり、跡が残りやすかったりする敏感な肌にとっては、にきび跡の色素沈着が常態化してしまう場合もあるのです。

にきび跡が色素沈着してしまったときのケアは、紫外線から皮膚を守り、角質層が正常な状態を形成させる、クレンジングをするときに必要以上の摩擦をして角質層を破壊しない、などいろいろあります。

にきびの炎症が大分ひいて、痛みや腫れはなく、黒い色素沈着になってしまったにきび跡には、L-システイン配合の錠剤とビタミンCのサプリメント、ビタミンC誘導体のローションを使ったケアなどが最適でしょう。

ビタミンC誘導体で気長にケアするか、あるいは皮膚科に行って治療を受ける方法もあります。凹凸があるにきび跡なら、そこだけ切除して治す方法もあります。もちろん、色素沈着したにきび跡へのUV対策は忘れないでください。

カテゴリー