Top > にきびの種類 > 赤にきびとアクネ菌

赤にきびとアクネ菌

赤にきびとは、にきびの症状の一つで、毛穴に詰まった皮脂などに細菌がついて炎症をおこし赤くなったにきびのことです。赤にきびが進行すると、膿を出すこともあり、つぶしてしまうとにきび跡が残ることがあるので、刺激を与えないのが一番いいようです。

若いうちは刺激を与えないようにすると自然に赤みが薄くなっていくこともあります。しばらくは、にきびに肌用のスキンケアをしながら、様子を見ましょう。

この炎症にかかわっていると言われるのが、アクネ菌。アクネ菌は、毛の根元に常在する細菌の一種なのですが、嫌気性の細菌で酸素があると生育できない性質があります。そのため、毛穴が角栓によってふさがれて酸素が減少すると、アクネ菌は皮脂を栄養として急に繁殖します。増えたアクネ菌の出す細菌性リパーゼという酵素や変質した皮脂により、毛穴の根元がダメージを受けて赤く炎症を起こしたり、化膿を起こしたり、最後には周辺組織を破壊してしまします。

赤にきびが化膿すると大変なので、まずは膿まないように、アクネ菌対策のスキンケアをすることが大事です。毛穴のつまりをとって中の皮脂を追い出したり、アクネ菌増加を抑えるようなスキンケアで、赤にきびができにくいような肌環境にしましょう。

赤く炎症をおこした段階が長引くと、自己流のケアでにきび治療をするのは難しくなってしまいます。無理ににきびをつぶそうとすると、皮膚が陥没して陥没にきび跡になってしまったり、色素沈着したにきび跡になってしまいかねません。皮膚の凸凹や色素沈着などのにきび跡を治療するのは大変なことなので、早めに皮膚科のお医者さんで診断と治療を受けたほうがいいでしょう。

にきびは、思春期にはTゾーン(おでこと鼻の部分)に多くでき、大人になってからの大人にきびはUゾーン(あごの周辺)によく出来る傾向がありますが、Uゾーンにきびのほうが、赤にきびになりやすいようです。大人にきびはストレスなどが主な原因なので、にきびの出来やすい人は、ストレスを軽くするよう心がけましょう。

カテゴリー